中古バイク探しの必勝ガイド

バイクを探す時に、新車にするか中古バイクにするか選ぶ必要があります。どういう基準で選んでいけばいいのでしょうか。もちろん中古バイクを探すにはこれ以外にも重要な内容はいくつかありますが、まずは中古バイクにするかどうか決める必要があります。そして中古バイクには、新車とは違う、中古バイクならではのメリットとデメリットがあります。中古バイクを選ぶにあたっては、それらをあらかじめ知っておきましょう。これらの知識があるかどうかで、選んだ結果は違ってきます。

 

中古バイクは新車とどう違うか

中古バイクには、新車と比べて、メリットとデメリットがあります。まずはそれを知っておきましょう。まずは中古バイクのメリット。一番分かりやすい中古バイクのメリットは価格が安いということです。新車と比較して安く買えることが多いため中古バイクは、購入時に販売されている新車と比べて価格は安いです。そして新車ではないので、中古バイクであれば旧車でも購入できるのです。欲しいバイクが既に製造中止となった絶版車も、中古バイクなら買うことができます。これはプレミアムなバイクを探している人にとって特別な体験で非常に価値があります。そして中古バイクはノーマルではなくカスタマイズされているバイクが流通しています。これは既にカスタマイズされているのでコスパが良いといえるでしょう。マフラーやハンドル等、好みのカスタマイズがされていれば、自分で換える必要はありません。新車は最初に慣らし運転が必要と言われています。根拠があったりメーカーが推奨したりしているのではないですが、加工精度が向上した現代でも、慣らし運転はしたほうがいいと言えます。しかし中古バイクで相応の距離を走っていれば、する必要はありません。

 

中古バイクを買う事のデメリット

中古バイクは新車と違って保証期間が短いです。新車で購入したバイクは、2年の保証期間を設けているメーカーが多いです。これは平均的な期間ですが、一般的に2年です。中古バイクの場合は新車ではないので保証期間が新車とは異なってきます。認定中古バイクであっても、保証期間は6ヶ月などと短くなります。バイクショップによっては保証期間が長くメリットの場合もあります。でも必ず保証期間が長いわけではないので、中古バイクにとって保証期間はデメリットの1つです。また新車ではないので中古バイクは故障する可能性は高くなります。メリットではないです。中古バイクが古くなればなるほど、振動、雨、気温、気圧等が原因で故障することがあります。走行距離が多いだけではなく作られた内容も昔の方が性能で現在より劣るためメリットは減ります。特に20年、30年前の中古バイクを買う場合は、ある程度メンテナンスの知識が必要です。メンテナンスが出来ることを前提にあえて中古バイクを買う人もいます。それはレトロなバイクが好きない人です。

中古バイクは新車ではないです。そのため、年式相応に傷んでいます。これは中古バイクの特徴です。車体各部のさび、シートのへたり、ゴムの硬化などは、ある程度覚悟しておきましょう。これらがなければ価格も高くなります。これは基本的にはないことなのでデメリットと考えなくても大丈夫です。ただし知っておく必要があります。それは修理歴を隠してある場合があることです。最も厄介な問題で、中古バイク買ってから不具合に気づくと面倒なことになります。それを防ぐためには、信頼できるバイクショップで買う、知識のある人に見てもらう、自分で知識を蓄えるなどの方法を取らなければなりません。基本的に中古バイクショップを扱うお店はいい店です。しかし商売のため利益を考えています。初心者としてなめられないために、中古バイクで必要な知識を身に付けておきましょう。普通より激安な中古バイクは要注意です。安いには安い理由があります。値段だけに飛びついて中古バイクを買うのではなく、しっかりバイクショップの説明を聞き、不安な時は購入を見送るかバイクに詳しい人に相談しましょう。また、中古バイクの場合はパーツがない場合があります。サビや転倒で中古バイクのパーツを交換したい場合、メーカーがすでに製造を中止していると、パーツが入手できず、最悪の場合は不動車になってしまいます。これは中古バイクを探す時に覚悟しておく必要があります。長くその中古バイクに乗りたいと考えているならば、部品取り用に1台確保しておく、オークションサイトを日頃からチェックしておくなど、備えが必要です。

 

中古バイクの排気量別チェックポイント

原付50cc、125cc、250cc、400ccクラスの中古バイクはエンジンを酷使されていた可能性が高いです。移動手段として使われているバイクも多く、通勤や通学での利用はどうしてもバイクが良くない状態になりがちです。しかしバイクは通勤や通学で必要とされることが多いので、これは中古バイクでは避けられないことです。エンジンのオイル漏れ、異音をよくチェックしましょう。また、あまりに派手な改造がされている中古バイクは敬遠しましょう。改造している人はバイクが好きなのでメンテナンスもしっかり行っている人もいます。しかし荒い運転をしていてバイクが傷んでいることもあるのです。

750cc以上の大型バイクは車重があるため、ステアリングヘッド、スイングアーム付け根、前後サスが傷みがちです。このパーツが分からない人はインターネット検索などもして中古バイクのパーツ情報を調べましょう。中古バイクのバイクネットAJは中古バイクの情報だけではなく中古バイクの購入ガイド情報も充実しているので参考になります。バイクには様々なパーツがあり、バイクショップの会話でも出てくることがあります。バイクショップとのやり取りをスムーズにするには用語集を知っていくことは損しません。中古バイクの車体を揺さぶってみたり、ブレーキをかけたりして、ガタがないことを確認しましょう。

 

全体的に言えることですが、綺麗な個体、完全ノーマルあるいはノーマルに近い個体は、あまり問題がないことが多いです。これはカスタムされたバイクが良くないという意味ではなく、メーカーは純正バイクの状態をベストとしてバイクを生産しているためです。体格に合わせる、見た目を好みにすることなどを考えると中古バイクをカスタムする必要があるときも発生します。バイクネットAJの中古バイク情報は参考になるので、色々見てみると得です。中古バイク選びはいわば、一期一会の出会いでもあります。気に入った1台が見つかるといいですね。